Entries

 *「 宮人響(とよむ) 里人(さとびと)もゆめ 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『木梨の軽(かる)の太子(ひつぎのみこ) 悲恋の歌』〔『古事記』第七十八番目から第九十番目の和歌。出典は、『古事記歌謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八十二番目の和歌の第ニ行目にして最終行)。本日9/24(土)からこのエントリに鞍替えです^^ ↓きのうはまだあしただったきょうになって10じかんもたち...

 *「 宮人(みやひと)の 足結(あゆ)ひの小鈴 落ちにきと 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『木梨の軽(かる)の太子(ひつぎのみこ) 悲恋の歌』〔『古事記』第七十八番目から第八十番目の和歌。出典は、『古事記歌謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八十二番目の和歌の第一行目)。いまは9/17のpm9:30。私の住まう環境では秋の夜長な雰囲気がほんのちょっぴり感じられますが、それと同時に、夏の名残りの蒸...

 *「 かく寄り来(こ)ね 雨立ち止めむ 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『木梨の軽(かる)の太子(ひつぎのみこ) 悲恋の歌』〔『古事記』第七十八番目から第九十番目の和歌。出典は、『古事記歌謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八十一番目の和歌の第ニ行目にして最終行)。きょうは9月14日水曜日。時間は午後0時半をすぎたところ。なんとなく穏やかな時間が流れています。 ↓15日に...

 *「 大前小前宿禰(おおまへをまへ すくね)が 金門蔭(かなとかげ) 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『木梨の軽(かる)の太子(ひつぎのみこ) 悲恋の歌』〔『古事記』第七十八番目から第九十番目の和歌。出典は、『古事記歌謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八十一番目の和歌の第一行目)。きょうは9月9日金曜日。蒸し暑くはあるけれど、こちらはどことなく秋の気配も感じる一日です。そちらはどう^^? ↓翌日の土...

 *「 刈薦(かりこも)の 乱れば乱れ さ寝しさ寝てば 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『木梨の軽(かる)の太子(ひつぎのみこ) 悲恋の歌』〔『古事記』第七十八番目から第九十番目の和歌。出典は、『古事記歌謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八十番目の和歌の第ニ行目にして最終行)。きょうは9月最初の日曜日。ぼちぼちやってゆきましょう^^ ↓で、きょうは翌日の月曜日。ぼちぼちですね^^: ↓で...

 *「 愛(うるは)しと さ寝しさ寝てば 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『木梨の軽(かる)の太子(ひつぎのみこ) 悲恋の歌』〔『古事記』第七十八番目から第九十番目の和歌。出典は、『古事記歌謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八十番目の和歌の第一行目)。さて、きょうは8月31日。水曜日。ライオンロックは意表をつく所に現われ、とんでもないブーメランコースを辿って、ありえない所...

Appendix

カレンダー

<
>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理画面

プロフィール

Kay

 Kay
日々の備忘録として大切だと思うものをクリップしています。

最新記事

記事検索