Entries

 *「 嬢子(をとめ)のい隠(かく)る岡(をか)を 」

さて、今回からのエントリ・タイトルは、『雄略天皇金鋤(かなすき)の岡の歌』〔『古事記』第九十九番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(まずは第一行目)。きょうは6月27日火曜日。ここ最近は雨降りでない日も空気は湿って重いですねえ。。。梅雨ってくれてひと安心^^; ↓きょうは翌日の28日。う〜む、梅雨ってますねえ。時...

 *「 我が逃げ登りし あり丘(を)の 榛(はり)の木の枝 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『雄略天皇の葛城山(かづらきやま)の猟(かり)の歌』〔『古事記』第九十八番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第九十八番目の和歌の四行目にして最終行)。*「 我が逃げ登りし あり丘(を)の 榛(はり)の木の枝 」 〜かきかけ〜きょうは6月24日土曜日。湿度がだんだん高くなっ...

 *「 病み猪の うたみ畏(かしこ)み 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『雄略天皇の葛城山(かづらきやま)の猟(かり)の歌』〔『古事記』第九十八番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第九十八番目の和歌の三行目)。きょうは6月17日土曜日。ん? なんだか梅雨っぽい湿り気が漂ってきたかな^^?  ↓きょうは18日(日)。なんだかネットリした蒸し暑さ^...

 *「 遊ばしし 猪(しし)の 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『雄略天皇の葛城山(かづらきやま)の猟(かり)の歌』〔『古事記』第九十八番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第九十八番目の和歌のニ行目)。 きょうは6月14日。はやいものでもう月半ばです。ということで、雨は少ないけれど時節がらなんとな〜く梅雨な今日この頃です^^; ↓そして...

 *「 やすみしし 我が大君の 」

さて、今回からのエントリ・タイトルは、『雄略天皇の葛城山(かづらきやま)の猟(かり)の歌』〔『古事記』第九十八番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(まずは第一行目)。きょうは6月8日。梅雨入りしたっていうのに、蕭条と雨はふる……って風情ではないですねえ。そちらはどうですかあ^^? ↓×3きょうは6/11(日)。するす...

 *「 そらみつ 大和の国を 蜻蛉島とふ 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、エントリ・タイトルは、『雄略天皇の蜻蛉(あきづ)讃歌』〔『古事記』第九十七番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第九行目にして最終行)。きょうは6月5日月曜日。梅雨入り間近ですが、娑婆はどこも賑わっておりますまあ^^: ↓きょうは6月6日。なんか梅雨がもう頭上に迫ってますね^...

 *「 かくの如(ごと) 名に負はむと 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、エントリ・タイトルは、『雄略天皇の蜻蛉(あきづ)讃歌』〔『古事記』第九十七番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第八行目)。きょうは5月30日火曜日。なんだか、梅雨をスルーして夏がやってきたって感じっすね^^;;; ↓きょうは5月の最終日。天気はいまいちですが、蒸し暑いですね...

Appendix

カレンダー

<
>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
管理画面

プロフィール

Kay

 Kay
日々の備忘録として大切だと思うものをクリップしています。

最新記事

記事検索