Entries

 *「 下枝(しづえ)は 鄙(ひな)を覆へり 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第十一行目)。きょうは8月27日日曜日。今月もあと4日となりました。そうそう、きのうの大曲の花火、きれいかったですね〜☆ とりわけ大会提供花火「生命(いのち...

 *「 中つ枝は 東(あずま)を覆へり 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第十行目)。きょうは8月24日木曜日。甲子園も終わり、いよいよ夏本番も過ぎ去った感がありますが、このところずっと冷夏だった東日本は、これから遅れ馳せの夏本...

 *「 上つ枝(ほつえ)は 天(あめ)を覆(お)へり 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第九行目)。こんにちわぁ〜☆ 今年の真夏は、とりわけ日本列島東半分では例年よりちょこっとちがって冷夏?なようですね。その原因として、なんか、こんなハナシ↓も...

 *「 百足(ももだ)る 槻(つき)が枝(え)は 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第八行目)。きょうは8月17日。でもあと3時間足らずで18日です。さて、今回の備忘もまた、初回アップは二文字インデックスや感想文なしで、とりあえず掲出です...

 *「 新嘗屋(にひなへや)に 生(お)ひ立(だ)てる 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第七行目)。きょうは8月10日木曜日。かぎりなく人工的な?のろま台風ノルーも消え失せたいま、日本全国、地獄の猛暑に逆戻りですね〜^^; で、人口台風とも関...

 *「 真木栄(まきさ)く 檜(ひ)の御門(みかど) 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第六行目)。きょうは8月6日。葉月最初の日曜日(^^) ところで、「‘みなさま’のNHK」から「天下の強欲NHK様」へと華麗な転進を試みる「犬HKにして鵺(ヌエ)HK」の...

 *「 八百土(やほに)よし い築(きづ)きの宮 」

(※)今回のエントリ・タイトルは、『三重(みえ)の釆女(うねめ)の歌』〔『古事記』第百番目から第百二番目の和歌。出典は、『古事記歌 謡』 全訳註 大久保正 (講談社学術文庫)〕より、出典書籍に記載された並びの各一行を慎んで拝借(今回は第百番目の和歌の第五行目)。おやおや、いつのまにか7月も最終日とあいなりました^^: このエントリで備忘しておきたいネット記事の初回リストを、とりあえず素の状態でアップし...

Appendix

カレンダー

<
>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
管理画面

プロフィール

Kay

 Kay
日々の備忘録として大切だと思うものをクリップしています。

最新記事

記事検索