Entries

 入力テスト中

さてと、ブログ「空の樹」の基本的なレイアウトは完了したって感じかな^^?

雨風呂時代の見た目とかなり近いものになりました。

で、いまは入力の軽さを確認中。
ふむふむ・・・なかなか軽快な感じではありんすね^^b

なんか、いいかもしれない(*^_^*)

そういえばFC2ブログ(以下、絵風呂^^:)では、各エントリを500個まで最大500MBの容量内でePUB形式の電子書籍にできるようですね。縦書き表示もできるらしい。
ePUB出力の機能は知らなかったのでなんか得した感じ☆( ^ω^ ) 

べた書き長編物語タイプのダイレクトなePUB化には向かないかもしれないけれど、いやまてよ・・・と思ってブログ仕様のページをのぞいたら、「ブログテキスト(記事文字数):無制限 1日30件まで投稿可」とありますね。

ということは、1エントリで長編ものを書きしたためて、それを縦書きでePUB化できるということ? であるなら、書き上げて清書した原稿あとに待っている、わりと細々としたePUBをこしらえる作業がほぼ省略できることになるので、「これはありがたい!」のひと言。

うーん、これもどこまで使えるか、愉しみが増えましたぁ^^♪

ということで、ここまで、頭に浮かんだヨシナシごとをオートライティングで書き綴ってきましたが、自分のタイプミス以外は、ほとんど入力上のストレスを感じないですね。なかなかよい!(^^)b

レスポンスが遅いとタイピングが滞って、思考の流れがその都度寸断されるので、それが重なるとけっこうストレスになるのですが、このレスポンスの軽さだと、かつての雨風呂でサクサクと入力して、ああだこうだと書き連ねていた状態とほぼ変わらない感触ですね^^v

こうなると、いぜんのように、日々の気に(と)留まったネット記事たちのタイトル備忘は、いまの寓風呂のカテゴリ「空の樹」からふたたび独立させて、当初の狙いのとおり、この絵風呂で運用しようと思います。

うーん、いいねえ。ミスタイプが足を引っ張っている情況ぢゃあないですか!(^^)v

そうなると、寓風呂は寓風呂で、レスポンスはやや硬く1エントリ2万文字の入力制限はあるものの、運用上は安定感のあるシステムなので、絵風呂で脊髄反射的に備忘し感想など書いたものを、寓風呂の分類用カテゴリに保管してゆくという、以前雨風呂と寓風呂でやっていたスタイルを絵風呂と寓風呂のタッグで再会しようと思います^^

でもま、絵風呂はまだきのうの夜から始めたばかりなので、もうすこし馴染んでから徐々に役割分担をはっきりさせてゆこうと思いますです。

うん、頭に浮かんだ思いがすらすらと文章になって、そのままスルスルとこの編集画面に流れ出てきますね。
いいぞ! えへo(≧ω≦)o



関連記事


Appendix

カレンダー

<
>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
管理画面

プロフィール

Kay

 Kay
日々の備忘録として大切だと思うものをクリップしています。

最新記事

記事検索